初めてのブクブク!ちびっ子SASYプログラム

プーケット SASYアクティビティー

10日間のお休みを利用して、何か新しい事にチャレンジするチャレンジウィークにしよう!! と、前回はウェイクボードにチャレンジをBlogにUPしましたが、今回は初めての「SASY」に挑戦。ダイビングと同じレギュレーターからの空気を吸いながらのシュノーケリング(スノーケリング)プログラムを初めて体験してきました!

SASYって何??

プーケット SASY

SASY(Supplied Air Snorkeling for Youth)小さなお子様から大人まで出来る、スクーバを使いながらシュノーケリングを楽しめるという様なプログラムです。ダイバーさんには「レギュをくわえて水面移動」と言った方が分かりやすい?いや、そう言うと辛く感じるかも~?!w

プーケット スノーケリング

ダイビングの参加対象年齢(8歳)に満たない小さいお子様でも、このプログラムなら5歳からOK!! (本人に興味がないのに強制的にやらせるのは無理ですw) 親御さんも一緒に入って楽しめますし、水面/水中からと写真をガシガシ撮れますよ。

プーケット SASY

また、何らかの理由があって水中へ入れない大人の方にも。自分の背中にシリンダー(空気タンク)がありレギュレーターから息を吸いますので、元々ダイビングを楽しんでいた方や、ダイビング未経験者で「潜るのは怖いけどちょっとブクブクは体験してみたいな!」という方まで。健康であればどなたでも楽しむ事ができます。

6歳の息子、ブクブクに初挑戦!

プーケット SASY

という事で、息子初めての挑戦!…ですが、両親がインストラクターだと「きっと水にも慣れていて上手い事こなすのでしょう」と思われるかもしれませんね。残念ながら堂々と「全然そんな事ないです」と言っておきましょう。 習い事は何もしていないですし、泳ぐのが上手なワケでもありません!そして怖がりなのも付け足しておきます。

プーケット スノーケリング

息子は親の仕事は理解している様ですが、まぁ興味があったら子供からやりたいと言うでしょ~くらいに思っていました。ですがこのコロナ禍で時間がもてる事から、ブクブクやってみたい?と聞いてみたら「やってみたい!!」という事だったので今回SASYにトライしてみる事にしました。

子供への説明は手短に~

プーケット SASY

今まで海・プールでもシュノーケリングはした事はありますが、マスクではなくゴーグル+シュノーケルの方が快適な様で、マスクは今回久しぶりの登場でした。マスク・シュノーケル・フィン・マウスピース・ジャケットは子供用の物です。

プーケット SASY

すぐ飽きちゃうので、とにかく手短に説明と練習を。ダイビングの器材って、子供にとっても不思議なメーターとボタンで興味津々♪見てみて触ってお目目はキラキラ。初めてシリンダーからの空気を吸った時の子供の顔は、一生忘れないと思います。

プーケット SASY

水温が高いので、ピッタリとしたウエットスーツを着なくていいのも常夏プーケットのいいところ!今回はビーチからのエントリーですが、ボートからでもOKです! (ビーチは、行きたい時間に出来る事と、子供のお砂遊びも可能ですw) 早く入りたい!! ねーねー早く入ろうよ~!! と引っ張られ…

いざエントリー!

プーケット SASY

この日は波がややあり、陸から見た感じでも透明度が…。そんな中、器材を装着させてレギュレーターくわえさえたら…もう波や透明度なんてお構いなし!コレこそが”水を得た魚!!” いや、”エアを得た息子” はガインガインにフィンキックをして、私の腕の負担なんか一切考えずに大はしゃぎです。(後日、腕は筋肉痛w)

プーケット SASY

シュノーケリングはいつも「マスクに水が入った~」「曇った~」などなどであまり集中して顔を浸けていられないのですが、今回は一度も顔をあげる事なく全集中!で水の呼吸(←頑張って使ってみるw)を楽しんでいる様子でした。

プーケット SASY

結構な透明度の中、なんとな~く見えるお魚にも一応喜んではいたものの、一番のお気に入りは残圧計!! 減るところをみたいのか一生懸命に呼吸をして針が動くのを見届けようとしています。「息子よ…ここは水面、きっと無理だ…」またまた ”子供の面白い”のポイントが面白い。

約30分の水中散歩

プーケット SASY

ということで、浅場でのシュノーケリングになりますが、エントリーからエキジットで約30分。透明度があまり良くなくったって、凄い大冒険を終えた様な子供の満足そうな顔~!そんな顔が見られたら親は大満足ですね!

とにかくこのブクブク(SASY)は、シュノーケル呼吸とはまた違った世界を味わう事ができます。吸って~、吐いて~の呼吸音を聞きながら、水面をゆっくり泳ぐのは大人でも癒され時間になるはずですよ。シュノーケル呼吸と比べると、ほとんどお水が入ってこないので快適なシュノーケリングが出来ます。

水を楽しむ!

プーケット スノーケリング

もし急にブクブクが怖くなったら、シュノーケル呼吸に変えてみたり、それでも呼吸が難しかったらマスクだけ着けて息つぎをすれば良いし、箱メガネがついたフロートだってあります。とにかく目的はその人に合ったやり方で水を楽しむ事!! ちょっとやってみたい!という気持ちがあれば気軽にトライ!トライ!

プーケット SASY

また、海は波もあるしベトベトするのがイヤ!あるいはクリアな写真が撮りたい!という方にはプールでもSASYは出来ます。お魚が居ないのが残念なところですが、プールは風の影響がないので予定通り実施できるのも良い点ですね!

楽しかったー!!

プーケット SASY

最後にどうだった?と聞いたら「楽しかったー!!」と聞いて満面の笑み。こちらも嬉しくなりました!子供の”やってみたい”の気持ちだけあれば、きっと楽しんでもらえるハズです!締めくくりは絵日記を書いて、グッスリ~zzZ 是非沢山のキッズにやって頂きたいブクブク体験でした!

タイトルとURLをコピーしました