ラチャ島デイトリップダイビング

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島ダイビング

この雨季の時期(5月~10月末頃)は、雨や風が強い日もあるので船はどんぶらこ~っと揺れる日もありますが、そんな中でも比較的透明度がいいのがラチャ島(ラヤ島)です。ラチャ島は、ラチャヤイ島とラチャノイ島と2つの島からなっており、ダイビングはもちろんシュノーケリングでも人気のスポットとなっています。今回はチャロン港発デイトリップで行けるラチャ島についてご紹介します!

ラチャ島

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島

ラチャ島はプーケット県に含まれており、プーケット最南端の島がラチャノイ島となります。シュノーケリングでも、体験ダイビングでも、ライセンス講習でも、ファンダイビング、とにかくどんなレベルでも、どんな遊び方も出来るのがいいところ!

シュノーケリングツアーラチャ島

ダイビングボートでなく、スピードボートでシュノーケリングだけ楽しみたいという方は、ラチャヤイ&コーラル島ツアーもありますよ。2島を巡るツアーなので効率とコスパが良いシュノーケリングツアーに行きたいという方にはおすすめ!ちなみに日帰り離島ツアーは全て、高波等、運行上危険と判断されない限りは雨天決行です。

ラチャヤイ島

ラチャヤイ島ってどんなとこ?

ラチャヤイ島はチャロン港からダイビングボートで約1時間半、スピードボートだと約30分の離島です。タイ語で「ヤイ=大きい」という意味なので、その名の通り島が大きい方で港から近いのがラチャヤイ島です。ラチャヤイ島は、学校や病院などはありませんが有人島で、リゾートホテルやレストランがありますよ。

ダイビングとしてはラチャヤイ島周辺で2Dive潜り、帰港が15:30頃と比較的早いのでお子様連れの方や、早目に帰ってゆっくりしたいダイビング最終日の方にもおすすめのポイント。プーケット在住ダイバーさんには、潜った後に子供のお迎えに行けるのでそこも密かなる人気の理由。

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島
白い砂地
ラチャヤイ島のダイビングポイントはどんな所があるの?

体験ダイビングでも行ける深度が浅めな砂地は、太陽の光が差し込んでこれ以上ない癒し系エリア。光の波が砂地にユラユラ揺れる景色は、ずっと見ていたくなる光景です。

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島
沈バイク

水深8mに沈んでいるのはHONDAのSCOOPYというスクーター。ラチャヤイ島の中でも人気の水中記念写真スポットとなっています。2人乗りするもよし、ヘルメットも無しでOK、皆さんで好きな様に写真を撮って下さいね!

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島
沈船

水深20mに沈んでいるこのボートは、以前クルーズで使われていた船をわざと沈めたものです。年にもよるのですが、ここ最近は船内に隠れているキンセンフエダイの群れが多くて素敵な光景が広がっています。

☞ダイビングボートで行くラチャヤイ島デイトリップ1日の流れ

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島

シュノーケリング(ノンダイバー)┃2500B
体験ダイビング(2dive)┃4400B
ファンダイビング(2dive)┃3900B

各ホテルピックアップ→チャロン港へ到着
8:00-8:15港にてインストラクターと合流
9:00チャロン港出航→ラチャヤイ島へ
10:301本目
11:45ランチ
13:002本目
14:00ラチャヤイ島出発→チャロン港へ
15:30チャロン港到着・各ホテル方面へお送り

【料金に含まれるもの】
ホテル⇔港の往復送迎/ダイビング代金/レンタル器材(体験ダイビングのみ)/飲料水/朝軽食/ランチ/保険
※一部遠方地区は別途送迎料金が必要となります。お問い合わせ時にご確認ください。

【料金に含まれないもの】
ファンダイビングレンタル器材(フルセット:800B)/お酒/ボートクルーやガイドへのチップ100B程度)


ラチャノイ島

ラチャノイ島ってどんなとこ?

ラチャノイ島はチャロン港からダイビングボートで約2時間、スピードボートだと約45分の離島です。タイ語で「ノイ=小さい」という意味なので、小さくて港から遠い、プーケット最南端がラチャノイ島です。こちらはホテルもない無人島なので日帰りでしか行く事ができません。

ダイビングとしてはラチャノイ島で2Dive潜り、ラチャヤイ島へ移動して1Dive潜るという3Diveのプラン。2島楽しめるので、時間許すのであればラチャノイ島デイトリップがおすすめです。体験ダイビングはラチャノイ島2Diveして、最後のラチャヤイ島はシュノーケリングするのが基本プラン。帰港時間は17:00頃となります。

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島
珊瑚が綺麗な浅場
ラチャノイ島のダイビングポイントはどんな所があるの?

ラチャノイ島といえば、人工物が何もない自然豊かな海が特徴です。白い砂地にアオサンゴが広がるここは水深5mと体験ダイビングでも楽しめるトロピカルフィッシュ天国。浅い為、色も綺麗に出るので是非ここで一枚!

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島
エダサンゴの群生

水深15mにはエダサンゴの群生があり、珊瑚を棲家にしているお魚達を沢山見る事ができます。このエダサンゴは浅場では見ない種類で、ファンダイバーにしか見る事のできない光景ですね。

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島
タイワンカマス

綺麗な透明度の中にタイワンカマスの群れ~!!というのはラチャ島ならではの光景です。美味しそう~♡と思ってしまうのは私だけではないはずw


☞ダイビングボートで行くラチャノイ島デイトリップ1日の流れ

プーケット デイトリップダイビングツアー

シュノーケリング(ノンダイバー)┃2500B
体験ダイビング(2dive)┃5000B
ファンダイビング(3dive)┃4400B

各ホテルピックアップ→チャロン港へ到着
8:00-8:15港にてインストラクターと合流
9:00チャロン港出航→ラチャノイ島へ
11:001本目(ラチャノイ)
12:00ランチ
13:002本目(ラチャノイ)
14:00ラチャノイ島出発→ラチャヤイ島へ
14:303本目(ラチャヤイ)
15:30ラチャヤイ島出発→チャロン港へ
17:00チャロン港到着・各ホテル方面へお送り
▶海況によってポイントが予定通りにならない場合もあります

【料金に含まれるもの】
ホテル⇔港の往復送迎/ダイビング代金/レンタル器材(体験ダイビングのみ)/飲料水/朝軽食/ランチ/保険
※一部遠方地区は別途送迎料金が必要となります。お問い合わせ時にご確認ください。

【料金に含まれないもの】
体験ダイビング追加1dive(800B)/ファンダイビングレンタル器材(フルセット:800B)/お酒/ボートクルーやガイドへのチップ100B程度)

ラチャ島デイトリップダイビングへ行こう!

デイトリップ ラシャヤイ島ラチャノイ島

ラチャ島の中のラチャヤイ島、ラチャノイ島についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?同行される方や遊び方のスタイルによってどちらの島まで行くか選んでみて下さいね!この時期おすすめのダイビングポイント、ラチャ島のご紹介でした!


☟もしダイビングに興味があったらウチのお店のweb site見てね☟
プーケットの日本人ダイビングショップat Phuket(アットプーケット)
【海と人を笑顔でつなぐ】ご予約~当日まで日本人スタッフがしっかり対応いたします!

体験ダイビング/ファンダイビング/ダイビングライセンス取得
キッズプログラム/シュノーケリング/オプショナルツアー

タイトルとURLをコピーしました