材料2つ!炊飯器で納豆は簡単に作れる!

海外で納豆作り食べ物

海外在住者の納豆問題

海外で納豆作り

苦手~!という方も居るかと思いますが、納豆大好きな方も多いはず。私達家族も大好きなのですが、輸入された日本の納豆は高級品なのです…。そこで1パック50gから、500gの納豆が簡単に出来る方法をご紹介!納豆を沢山食べたい方や海外在住の納豆ラバーズは必見です。

日本の納豆

海外で納豆作り

私の父は茨城県出身、正真正銘根っからの”納豆ラバーズ”の一味です。幼い頃の私は、口の周りが痒くなるからあまり好んでは食べませんでしたが、血統のせいか納豆無しでは生きていけない身体となりました。

プーケット 納豆売り場

プーケットでも日本の納豆は売られています。日本では3パック100円程だと思いますが、同じ物が100B(約350円)位。高いよ~1パック100円ちょいなんて~! いつも食べていた納豆が高級品となってしまったのです。

プーケット 納豆売り場

タイで作られている納豆は日本の物の半額くらい。3パックで45B(約160円)で売っています。買ってすぐ食べるには十分美味しい!今日食べたいな~って時はコレを購入しています。が…1パックじゃ足りない!もっと食べたーーーい!

来プーして1ヶ月後

海外で納豆作り

納豆の価格に驚いた私は、プーケットに来島して1か月後、納豆をどうやったら作る事が出来るかをネットで調べてみました。するとプーケットは納豆作成にとても適した気候だったのです。

海外で納豆作り

納豆菌を買って…というのも考えましたが、簡単に納豆を作る方法をチョイス。むしろ作るというより培養すると言った方が合っているかもしれません。納豆でお腹一杯にしたい方は是非以下のレシピで試してみて下さい!(買えばいいって?w)

納豆培養レシピ

海外で納豆作り
  • 納豆1パック (日本の物がベスト)
  • 大豆500g

買ってくるのはこれだけ!あとは炊飯器があれば作れます。炊飯器でなくても大豆が蒸せれば何でもOK!500gの大豆が、後にネバネバ納豆になりますよ。日本の大豆で作れば最高です。

17:00 大豆を水に浸しておく

海外で納豆作り

納豆を蒸す前日に、大豆を水に浸しておきます。納豆が完成するのは大豆を水に浸した2日後。金曜日の夕方に水に浸したら、日曜日の夜に美味しく食べられる感じです。

海外で納豆作り

(毎回適当なので大体ですが…)水に浸けてから半日すると泡が上に浮いてくる。置く時間が長ければ長いほど泡が多く、匂いも出てきます。その日の室温により状態は変わってくるけど、細かい事は気にしなーい!12時間も置いておけばOKでしょう。

10:00 炊飯器で蒸し開始

海外で納豆作り

この蒸し器があると便利!タイに売っている炊飯器はこの蒸し器が必ず付いているのですが、日本のは付いていない気が?お釜に合うザルとかがあればそれに大豆を入れて、お釜にお水を入れて炊飯開始。

海外で納豆作り

お好みの硬さによりですが、私は2回~3回炊飯を繰り返します。この際、釜の中に水が無くなっていないか注意。最初からたっぷり水を入れておくのが良いでしょう。 鍋で煮た事があるけれど凄く時間がかかったので炊飯器が楽ちん。

豆たちを入れる器を熱湯消毒

海外で納豆作り

大豆がお好みの硬さになったら、蒸した大豆+納豆1パックをいれる器を熱湯消毒。器の大きさは、炊飯器に入る大きさがベスト(後に炊飯器の中で発酵させる為)

海外で納豆作り

取っ手の取れるティファール!の鍋が、炊飯器に入る丁度いい大きさでGood!でも鍋でなくても炊飯器に入る大きさの器なら何でも良いので、イイのが無ければ炊飯器のお釜を鍋変わりに使っても良いかも。

15:00 蒸した大豆に納豆1パック投入

海外で納豆作り

熱湯消毒した容器にアツアツの蒸し大豆を入れ、そこに納豆1パックを投入!新しい割りばしで全体的に納豆菌がいきわたる様に混ぜる。

海外で納豆作り

冷凍納豆を使う際には、先に自然解凍させておく方が良し。アツアツの蒸し大豆に凍ったままの状態で入れても良いのだけれど、後のネバリは自然解凍の方が良さげ。…な気がする…。

海外で納豆作り

全体的に混ざったら、ラップをして爪楊枝で穴を開けます。何故なら…”納豆は生きているから!
” 菌ちゃん、頑張れーーーーー!

15:20 炊飯器に再び

海外で納豆作り

納豆の菌ちゃんを培養させる為、まだ熱のある炊飯器にラップした容器を入れて放置!(スイッチは入れない) 菌ちゃんが働くと、炊飯器はずっと温かいままの保温状態が続きます。

海外で納豆作り

炊飯器でなくても、発泡スチロールの中とか、保温BOXとか、日本ならコタツの中とか、とにかく熱をキープできる事が大事っぽい。私は毎回炊飯器に入れていますが、その間ご飯が炊けなくなるので麺類か冷凍ご飯の用意が必要。

海外で納豆作り

私はほとんど朝まで開けませんが、開けちゃいけない訳ではないかな?とも思います。昼間の室温が高い時間から炊飯器で寝かした方が、良い感じに出来上がる気がするのですが。これも多分~。

朝起きると納豆が出来てる!

海外で納豆作り

菌ちゃんの働きで汗をかくので、その水滴はなるべく入れないようにペーパータオルで拭きとります。大豆の表面が白っぽくなっていればイイ感じ!もしなっていなければもう少し炊飯器の中で寝かせます。

海外で納豆作り

表面が白っぽくなった子達はもう立派な納豆です。新しい割りばしでネバネバ~チェックして、出来立て納豆を食べられます!でも半日くらい冷蔵庫でねかせると尚美味しいですよ。

失敗もあったけど…

海外で納豆作り

何度も作っている中で、少しアンモニア臭がキツかったりする事も何度かありましたが、食べられない事は無かったです。アンモニアの匂いの素は謎。何でだろ?

海外で納豆作り

そしてネバネバ度は作る度に違います。私が思うに、輸入された日本の冷凍納豆を種に作るより、日本から持ってきて頂いた納豆で作るのが一番ネバネバ度が高くて美味しい気がします。(Sさんご夫妻いつも有難うございます!)

納豆はご馳走です

海外で納豆作り

日本に居ると食卓に納豆があっても普通な光景ですが、こっちに来たら「やったー!今日納豆だー!」という感じになります。から揚げみたいなテンションです。1パックだじゃなくお腹いっぱい納豆を食べられる幸せ~!よかったら是非試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました