最近のプーケット~新型コロナウィルス~part XI

今日の@Phuket

タイは海外からの入国者の制限や、入国時の2週間隔離義務を行う等して感染者を比較的抑えられていました。ですが、最近になり隣国からの密入国者や、市場でのクラスター発生により市中感染者が急増。年末年始を目の前に、クラスターが発生した県はロックダウンとなりました…。年末年始どうなる?今月Covid-19に関するタイ・プーケットの現状をお伝えします。

12月27日現在(昨日) 新型コロナウィルス感染者数など

タイ国内での新規感染者数は+110名、合計感染者6020名、4152名回復、60名死亡。現在感染者が急増している最中ですが、ほとんどの方が無症状という事です。しかし今までに無かった感染者数なので、政府もかなり敏感に反応しています。

プーケットでは、今月22日。数か月ぶりに感染者が1名報告されました。後に+2名の陽性が出て、現在プーケットでの感染者は3名。皆さん病院で治療されていて、濃厚接触者は検査結果待ちです。また検査対象の方は陰性であっても2週間の自宅隔離となっています。

プーケット空港

プーケット 空港

国内線 以前よりもお得に国内旅行を楽しめる事から、国内線は頻繁に飛んでいます。なのに!!!せっかく国内旅行が盛り上がってきた最中なのに!! この時期での市中感染者激増…。蔓延しません様に、再び空港閉鎖なんて事になりません様に、祈るばかりです。

国際線 特別な飛行機でない限り離着陸はありません。

国境閉鎖中でミャンマーからの感染者?

プーケット コロナウィルス

タイでは11月迄、感染者数は1日”大体”10名以下でした。タイの水際対策は厳しく、難しい条件をクリアしてタイに入国後も、必ず2週間決められた施設で隔離が必須。その隔離中に感染が発覚した人が新規感染者数とカウントされていたので、市中感染報告はほぼ0が続いていたのです。(←本当の所は分かりませんが) ではなぜ、最近感染者数が増加したのでしょうか?

ミャンマーからタイへ陸路で入国した人が新型コロナウィルスに感染し、タイ北部では感染者が増加。というニュースから始まり、私はてっきりミャンマー人が密入国してウィルスを…なんて思っていましたが(ゴメンナサイ) …タイ人女性がミャンマーへ密入国し、タイへ戻り、必須の2週間の隔離もせず、結果的に菌をバラまいてしまったというのが真相でした。

でも何故タイ人が賃安のミャンマーへ?…北タイにあるミャンマーとの陸の国境は、川があるものの簡単に通り越せそうな感じ…。そこからタイ人女性がミャンマーへ密入国をして、外国人が滞在している国境付近のホテルへ出稼ぎに行くのだとか。ちなみに仕事内容はご想像にお任せしますが、20歳~33歳の女性を求人募集しているお仕事です。私は対象外で、なんだか少し残念です。

クラスター発生…

タイ中部・サムットサーコーン県の海鮮市場で今月19日、500名以上感染者が確認されました。その市場は、現在感染拡大しているミャンマーからの出稼ぎ労働者が多く働いています。(中には不法滞在の人も居る様で、逃げた人も居るとか居ないとか…) とにかく感染拡大抑制のため19日~1月3日まで外国人はサムットサーコーンの県境出入り禁止となりました。

プーケット コロナウィルス エリア規制

このサムットサーコーン県、バンコクのお隣県に位置しています。このロックダウンにより、封じ込む事が出来ればいいのですが、拡大してしまうとタイの中心であるバンコクにまで及ぶ可能性も?再びタイ全県でロックダウン…なんて事もあったり?年末年始で国内旅行を予約している方も多い中、政府の発表に皆がドキドキしているところです…。

プーケットの学校

プーケット学校

上記のクラスターが発生したサムットサーコーン県へツーリングへ行ったプーケット市民が、22日に感染が判明。プーケットでは再び島内に新規感染者が出たという話題で持ち切りとなりました。この感染者の子供が通っている学校は、親が陽性と分かったらすぐに次の日(12月23日)からの休校を発表。するとプーケット中の学校が休校となりました。

プーケット コロナウィルス

もともと、25日~年末年始で学校はお休みの予定だったので、まぁ少しお休みが早まったな~くらいですが、とにかくこの対応の早さにはビックリしました。親の感染が分かったらすぐに休校が決まるんですから!我が子の学校の年始は1月4日~授業が始まる予定ですが、登校するかは未定…。学校はオンライン授業になる準備もしつつ経過観察中との事です。(オンライン授業、親は結構大変なんですよね~…)

プーケット街の様子

プーケット コロナウィルス

島内に新規感染者が久しぶりに出た事で、お店のスタッフが最近飽きていた入店時の体温チェック&消毒が再び強化された様に感じます。都市部の方では、マスクしていなくてもお店に入れる所があると聞きますが、プーケットではどこのコンビニでもマスクをしていないと入店拒否される事が多いです。(←ここは真面目w)

プーケットで年越し

また、今回年末年始の多くの人が集まるイベントがキャンセルとなったので、クリスマスイベントも、パトンの2021年カウントダウンイベントも中止となりました。加えて宗教的な集会や、パーティー、ホテルのイベントも開催しないように!…となっています。ビーチでの年越しは来年におあずけですね…。

プーケット子供の日

そして、新年一発目にあるイベントが子供の日!2021年は1月9日で、タイの子供達はと~っても楽しみにしているイベントなのですが、こちらも残念ながら延期が決定しました。もう子供達はこの約1年、沢山の事を我慢していますよね。もちろん大人だって。本当にもぅ…ぶつけどころの無いこの思い…も~~~…バカーーーーっ!!!!!!!

新型コロナウィルス プーケットでの状況

先日新規感染者は出たものの、今のところプーケットでは以前と大きく変化はありません。プーケットがロックダウンするというフェイクニュースもありましたが、現在は必要はないと県知事が発表しています。(プーケットの観光業者は都市部の県境出入り禁止令が出ないかの方を心配中…) とにかく、国内旅行ご予定の皆様、プーケットは感染対策をしつつ観光客の皆様をwelcomeな状況ですので、あとはこれ以上の感染者数が出ない事を祈るばかりです。

コメント

  1. […] こんにちは!TAKESHIです!タイ国内は昨年末のクラスター発生からの第2波も得意の封じ込め作戦が功を奏して、爆発的な感染拡大は逃れて第2波も徐々に収束の方向へ。今日(1/22)からバンコクなどでも人が集まるような場所の規制も緩和するようです!学校も一斉にパッと閉鎖する動きの速さはタイは素晴らしいですね!今後に関してはまだまだわからないけど、今は唯一の頼みであるタイ国内在住の日本人の方たちが動けなくなってしまったら、そりゃもう大変なので、なんとか踏ん張って欲しい!こんなご時世だけど、まだこうして可能性を感じながらダイビングの仕事と向き合っていられる事に本当に感謝です。まぁ第2波の影響で年始以降、ゲストと潜ってないから、このまま年始が仕事の潜り納めだったって事にはならないように祈ります!!さてさて、ゲストは居ないとはいえ、ビーチポイントの開拓&調査へはちょいちょい出かけています。先日はカタビーチへ。最近のカタビーチは”そりゃカメも産卵しますよ!”ってくらいの長閑さで、遠浅の砂地にリーフや漁礁があるから魚が多くて楽しいし、最近は透明度も安定していて、いつ行っても綺麗♪行くとだいたいプーケットのダイバー達が数組は居て、下手したら海水浴客よりダイバーの方が多いんじゃないか?って時もあります。いままであまり行かなかったエリアまで足を延ばして、マクロも見ながら~とじっくり泳いだんですが、印象的だったのがコギンガメ(ギンガメアジの子供)のトルネード・・・?ん??強引???一丁前にグルグル(・・・じゃなくてクルクル程度ですかね)していてなかなかの迫力でしたよ!若くてヒレが黄色いのも綺麗でした!漁礁の陰で暗めだけどムービーもどうぞ~! […]

タイトルとURLをコピーしました