映画鬼滅の刃を約350円で!

プーケット 鬼滅の刃プーケット

日本で大ブームとなっているらしい”鬼滅の刃”の映画「劇場版鬼滅の刃無限列車編」がタイ・プーケットにも12月9日に上陸しました!!今度歴代最高興行収入になるだろうという程の人気という事なので、私もその流行りにのっかりたいと早速行ってきました。鑑賞チケットの価格はナント約350円!!偽物じゃないですよ、映画泥棒のヤツじゃないですよ。日本と同じ映画を1人でひっそり観に行って参りました~!

タイにも鬼滅ブーム?

プーケット 鬼滅の刃

ニュースでも報じられているので鬼滅の刃がかなりのブームになっている事は知ってはいますが、プーケットにいるとイマイチどれくらいの熱さなのかは感じる事が出来ず…。都会のバンコクだともっと熱いの?プーケットはこれから感じる事になるのかな?本屋さんで漫画本が売っていたりUNIQLOで鬼滅の刃Tシャツを見るくらいな~?というのは私の感想で、若者はまた違うのでしょう。



日本のキッズはみんな映画も漫画も見ているのでしょうね!小学校1年生の我が子は、YouTubeで鬼滅アニメの最初だけ見せたら「もう鬼が怖いから見たくない」っと途中で拒否!きっと日本に居たら無理して見ていたのでしょうか?それともこれからクラスの中で流行りだすのかしら? 今回ダメ元で映画に誘ったけれど断固拒否され「一人で行ってくれば?」という冷たい反応だったわけです…。

プーケットのローカル映画館

プーケット 映画館

プーケットには映画館が3つもあるんですよ!でもその内1ヶ所はCovid-19の為休業中なので、今現在は2ヵ所で観る事が出来ます。私がよく行くのはローカルな映画館で、そこはほぼタイ語(or英語)での上映ばかり。でもそこの魅力は100B(約350円)で映画が見られるという、お得感この上ナシな映画館なのです。

プーケット 映画館

タイ語音声でも字幕は英語が出るので、ディズニーアニメやアクション映画はまだ理解しやすいのですが、名探偵コナンはマジで難易度高め。何で事件が起きたのか?どうやって小五郎さんが解決したのか?鑑賞者の中で私だけ迷宮入りとなります。人気度の高いドラえもんやクレヨンしんちゃんもタイ語に既に吹き替えられているのです…。

プーケット 鬼滅の刃

そこで今回の鬼滅の刃、きっとそのローカル映画館だとタイ語吹替しかないだろうな~と思っていたのですが”日本語音声・タイ語字幕”が上映されているではないですか!!これは行かねばっと早速行ってきたという訳です。1作品約350円だったのですが、movie dayに行けば80B(約280円)で見る事が出来るし、学生は70B(約240円)なんですよ!日本人からすると夢の様な価格でしょ?!(たしかCovid-19前はもう少し高かったような気もします)

チケット売り場

タイでの鬼滅の刃は「Demon Slayer/ดาบพิฆาตอสูร/ダーブピカートアスン(魔を殺す刀)」という題名がついています。でもKimetsu-no-Yaibaでも伝わる様ですね!ローカル映画館なので、タッチパネルで自分で選ぶわけではなく「何時の上映回か?どこの席がいい?」と聞かれてスタッフの前にある画面を見てシートを選ぶという、ちょっと前のシステムという感じでしょうか?(他の映画館はタッチパネルですよ)

プーケット 映画館

今回、私はチケットを上映時間のかなり前に一度買いに行ったのですが、日本語の回をお願いしたら「これ字幕がタイだよ?いいの?」と確認され、軽く半笑い。何故だ? 上映時間の何時間も前にわざわざ1人分、しかも日本語の回を買ったのが変だったかな?w でも、早めに買っておいて結果良かったのです。

プーケット映画館

プーケット 映画館

スナック売り場は日本と同じ感じでジュースやポップコーン。そしてポテトチップス!コンビニと同じ袋のポテトチップスって日本の映画館で売っていましたっけ?飲食物持ち込みはダメとは書いてあるけれど、結構持って入っている人も多い感じ。映画上映前は携帯はマナーモードに。とか、ノーモア映画泥棒とかは流れず、新作映画のCMや車のCMなどが流れます。

プーケット 映画

そして本編が上映される前にどこの映画館もタイ語と英語で「起立願います」と出てきて皆さん椅子から立ち上がります。そして王様の音楽が流れている間、立っていなればなりません。初めてタイで映画館に入った時は、この起立するシステムと、会場の寒さ、そしてタイ人が結構なボリュームで笑う事にビックリしたのを覚えています。

日本語でも満席でした

プーケット 映画館

今回の映画で私の知らなかった鬼滅の刃ブーム?を初めて感じる事ができました。日本語だし全然人はいないだろうなんて思っていたら…会場は若い子でいっぱい!ソーシャルディスタンスで席が空いているのでしっかりとは分かりませんが、おそらく満席状態だっただと思います。

プーケット 映画館

日本語音声でタイ語字幕でも”笑いどころ”のタイミングは同じでしたよ。ほら、英語だと先に理解した人だけが笑うという日本語字幕とのタイムラグがありますよね。それがありませんでした。そして最後の方はすすり泣きをしている声も聞こえたり…っと、これから2回3回と観る人も多いのでしょうね!!

プーケットで鬼滅の刃

プーケット 鬼滅の刃

久しぶりに映画館で日本語の作品を見る事が出来たし、鬼滅の刃は面白かったし、有意義な時間を過ごせました(こっちで日本語音声の映画は”君の名は”ぶりでした) アニメ以外もタイでやる位、邦画の人気が出てくれるともっと嬉しいな~! これからきっとプーケットで鬼滅の刃ブームがどう巻き起こるのか?(きっと偽物グッズも出回るだろうな~)楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました