プーケットローカルビューポイント”Leam krating”へハイキング

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティンプーケット

コロナ禍で行動範囲が制限されてきたこの約1年半。遊ぶ場所は自然しかない!という事でプーケット島内の隠れビュースポットへ行く機会が増えました。以前、乾季にLeam kratingへ子供と一緒に行ったのですが、ちょっと危ない場所もあったので今回は大人だけでハイキング!初めて頂上まで行ってきました~!プーケットにこんなビューポイントもあるよ!のご紹介です♪

タイのBLドラマが…

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

「1時間位のハイキングが出来るLeam Kratingという所があるよ!」と去年の11月頃にタイの方に教えて頂き、早速子供と一緒に行ってみたのですが…。6歳には危険だなと思う場所もありその時はゴールまで進む事を断念した場所でもありました。

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

Leam Kratingのゴールまで行ってないな~と頭の片隅にありつつも、一度行った事で満足してしまっていたのですが…。最近日本のWOWOWでもやっているタイのBLドラマI Told Sunset About You(ITSAY)に軽~くハマり気味な私。撮影場所のプーケット内で聖地巡礼中なのですが、ドラマの中でLeam Kratingも出てきちゃってたんですよね…w

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

撮影場所で使われたのは、子供と一緒に行けたくらいの場所なのでそこまでの危険ゾーンではないのですが、せっかくの良い機会なので最後(頂上)まで行っておくか!と今回重い腰を上げて行ってきたワケです。ちなみに行ってみよう!という超少数派の方へ…→靴と長ズボンで行くのがおすすめです!(タケシは半ズボンにサンダルでしたけどw)

Leam kratingってどこにあるの?

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

Leam krating (แหลมกระทิง/レーム クラティン) とはAo Saneビーチのすぐお隣で、Baan Krating Phuket Resort ホテル前のビーチから入っていきます。ちなみにそのBaan Krating Phuket Resortは、周りに何もないので多少不便ではありますがとても眺めがよく、隠れ家的なホテルなので静かにひっそりと過ごしたい方はピッタリなホテルです。

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

タイ語でLeamとは岬、kratingとは角のある牛のこと。”牛の岬”…?なぜこんな名前なんだろう…?と思いながらもそのままでいましたが、今回「もしかしてコレが名前の由来~?!」と思ったある場所を発見しました。確かではないけれど…w (↓後に出てきます)

Leam krating入り口

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

Baan Krating Phuket Resortの手前に車両は置いていきます(車よりもバイクの方が気軽に駐車できる) 前は居なかったけれど、ドリンクを売っている小屋が出来ていました。どのビューポイントでも大体こういう売店があるのがさすがタイ!

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

岩場ゴロゴロのところを進んでいきます。満潮だと結構波がかかると思うので、濡れたくなかったり子供が居たら、大潮の満潮は避けた方が良いのかも?! …って一度も調べて行った事がない私が言うのもなんですが。

歩いて10分で充分な景色

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

岩場で足元を気を付けながら歩いて10分もしないうちに隠れビーチに到着。ここの木陰でのんびりしたり、おやつを食べたりしている方も居ます。ここでも十分満足できるくらいの素敵な隠れビーチです。乾季に来たときはファミリーやカップルが遊んでいましたが、今回は貸切~!

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

隠れビーチを超えると、ゴロゴロの岩場から大きな岩に変わります。濡れてると滑りやすいので足元にご注意を!海を見ながら正面にはプロムテップ岬を望めます。ここら辺がおそらくITSAYの撮影場所なのではないのかな?とシーンを回想しつつ、今回はどんどん先へ進みますよ!!

草が出てきてからがスタート!

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

スタートして15分位すると、岩場から草っぱらゾーンへと変わります。ここまではサンダルで子供でも簡単に来る事が出来ますが、ここからが本当のハイキングのスタート。この先はかかとのあるフットウェアと、長ズボンがおすすめです。(もちろんここまでもですが、自己責任でどーぞ♡)

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

今回の雨季時期、乾季の頃に比べると上から流れてきた雨水で濡れている場所もあるので注意が必要なポイントもありました。そして写真で見比べてみたら、今回の雨季の方が風景は綺麗な気が!(草の緑の色が綺麗) でも雨に降られたらキツイので天気予報は要チェック!

スタートして30分で先端に到着

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

大人の足で30分、岬の先端であろう部分に到着しました。この日は西風だったので、途中まではそよ風程度だったのですが、この先端に到着したとたんに強風!そしてこの先端で”krating”(角のある牛)という名前の由来はこれではないか?という場所を発見…?!

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

この左の石が牛の角に見える事から、牛の岬と言われているのかな~?!と勝手に納得したのですが、それが正解なのかは不明です!!w でもこの岩周辺で写真を撮っている方が多いので、ここをゴールという事にしても良いはずです。

まだ上があるよ…

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

でも上に行く道のりがあるのを見つけちゃったので、登らなければならないですね…。ヒップアップに効果がありそうな感じの登り坂で…ガンバレ~!とお尻に言い聞かせながら登っていきます。

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

青空に白い雲がゆっくりと動いていき、グリーンの草が風になびいている風景を見て「♪夏草が~流れてく~」とケミストリーの歌が頭に浮ぶのは…私だけだったかな?やばい、年齢がバレる!!w(子供には29歳と言っているので皆さんヨロシク)

頂上までは1時間!

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

写真を撮りつつ、頂上まではちょうど1時間くらいでした。やっぱり頂上はこの達成感!が気持ちいいですね。大人がハイキングするにはちょうどいい距離とハード加減。私は疲れましたが、山をいつも楽しんでいる方なら全然楽勝なレベルなのでしょうね。

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

ここでケガしたらちょっと大変だな…と思う感じの道のりと人の少なさでもあったので、Leam kratingがいい!というこだわりがなく、高台からの景色を楽しむだけならばお近くのビューポイントブラックロックの方が気軽に行けていいかもしれませんね!

Leam krating行ってみた!

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

少し黒っぽい雲が流れてきた…?っと帰りは雨をビビってちょっと小走り気味に降りてきたので、30分で到着。往復ですれ違った人は一人だけという貸切具合でした。頂上まで行かず、途中まででも十分景色を楽しめるので、機会があれば是非足を運んでみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました