プーケットの絶景ビューポイントに行こう!!

プーケット景色プーケット

プーケットでは高台の眺めがいい観光スポットがあり、観光客はもちろんですが、夕方の涼しくなった頃に地元のカップルや家族が眺望を楽しみに訪れます。タイの人々は、仕事仕事!というよりは、そんなのんびりしたり家族と過ごす時間を大切にしている様に感じます。素敵ですよね。(あまり仕事しない説もありますが…笑)


西側のスポットは夕日が落ちるので空の色は綺麗になりますが、夕日が海にクッキリとした姿で落ちるところはなかなか見られないのはプーケットの特徴であるかもしれません。(でも綺麗ですよ!)  
パトン地区から約30分位で行ける、プーケットのビュースポットをご紹介していきます。

プロムテップ岬

プーケットの中で一番有名なサンセット鑑賞スポットはこのプロムテップ岬ではないでしょうか。Promthep Cape で調べれば見つかります。ここはプーケットの一番南に位置しており、高台から海を一望できる場所です。昼間も多くの観光客が来ていますが、日中は暑いので地元民はほぼ居ません。サンセットの時間を目指して段々と賑わってきます。

真ん中の広場には沢山象さんの置物が並んでおり、その中心にはヒンズー教の神様が祀られています。プロムテップ岬は参拝場所でもあるので、露出の多いお召し物では入れないのと、アルコールを飲む事は出来ないので気を付けて下さいね!ここでは神様に好きなお願い事をして、それがもし叶ったらに象の置物を持って再訪し、お供えするのがルールです。この象さんの置物の数で、沢山の願いが叶っている事が分かりますね。


良い景色だけではなく、ちょっと面白い事がしたい!という方には、岬の先端に行くのがおすすめ!わが子は4歳で楽しみながら先端に行く事ができましたが、超ナメていると意外にハードな道のりなので、ヒール付きサンダルでは厳しいかなと思います。先端までは子供とゆっくり歩いても片道15分位ですし、行く人も少ないし、海も近くて上とは違った景色なので行く価値ありですよ!


プロムテップ岬の展望台近くには、シーフードが食べられるレストランがあります。高台なので景色は抜群!サンセットタイムに合わせて行けば、タイ料理・シーフードを味わいながら素敵な時間が過ごせるはずです。そこでならビールも飲めるのでご安心を! 予約をして行くのがベストです。

BUKITO by Phromthep Cape Restaurant
毎日 11:00-22:00

カロンビューポイント

カロンビューポイントは、パトンから南へ約25分程車で下った所にあります。晴れた日には手前からカタノイビーチ・カタビーチ・カロンビーチの3つのビーチを見渡す事ができてとても綺麗です。絶対にココの綺麗な景色を写真に収めたい!という方には乾季に行くのがベター。雨季だと雨で全体が見えない場合もあるのと、西よりの風で波があります。

ここに行くにはタクシーを使うか、道のりも簡単ですし車通りも多くはないのでバイクや車を借りて自分でも簡単に行く事ができます。ただ、駐車場は広くないので車で行くならば早めの時間がいいかもしれません。バイクならば容易に止める事ができると思いますよ!


ビューポイントには日本にもよくある有料望遠鏡があり、覗く事ができます。これを見つけると子供は見たい!見たい!と騒ぎはじめます。(「お家どこー?」「 だから見えないし」…を何度やった事かw)
1回10B(約35円)と激安なので皆さんも旅の思い出に楽しんでみてはいかがでしょうか?でも展望台頂上にある望遠鏡は使えましたが、下にあったもう一つは不明です…。(値段が書いていなかったので使用は避けました)


お手洗いも有料(5B)でありますし、ちょっとしたドリンクも売っています。またここで有名? なのは、100Bで鷹と一緒に写真を撮らせてくれるというサービスをやっている方がいます。今までここを訪れて、居なかった日は無いという出没率の高さ。西洋人にとっても珍しいのか、鷹と一緒に写真を撮っている観光客の方も多く、いつも人だかりが出来ていて人気物の鷹さんがいるカロンビューポイントです。

ビッグブッダ

ビッグブッダはプーケットを代表する観光名所であり、一度は訪れておきたいビューポイントでもあります。かなり高台にあるのでツーリングしていて気持ちいい!ただ、かなりの急カーブにボコボコ道、急な坂という超走りにくい道となっているので、ご自身で行かれる場合には十分気を付けて行って下さいね。タクシーの場合には通常料金+ビッグブッダ登頂料(200B~300B位)がかかる場合がほとんどです。

プーケットの街を見下ろしながら人々を見守ってくれているビッグブッダは、標高350mの所にどっしりと座っています。ビッグブッダ自身も高さ45メートルもあるので、地上からも山の上のビッグブッダを見つける事ができます。よくこんな高い所に建てたもんだと感心してしまうこのブッダですが、意外にも歴史は浅く2004年に建設が開始され今でも建設中。お天気がいい日の眺めはとても良く、とても気持ちがいい場所です。

このビッグブッダの建設費用は約3000万バーツ(約1億8000万)全て寄付で作られているというのだから、凄いですよね。ブッダの下には大理石の板が売っており(300B~1000B程)ソレを買って名前やお願い事を書いてスタッフに渡すとその石がブッダの一部となります。それも寄付の一部となりますので、是非旅の思い出に書いてみて下さいね。

ここには僧侶も居て、直接お祈りをする事も出来ます。僧侶の横にあるBOXにお金を入れて(寄付なのでいくらでもOK)正座をしていると、聖水をかけてたり念仏を唱えてくれます。それが終わると腕にミサンガの様な紐を男性は右腕、女性は左腕に付けてくれるのでありがたく頂戴します。 このエリアにはお土産物もあって、ブッダの形をしたペンダントなども売っています。

寺院ですので、露出の多いお召し物(肩が出ていたり、半ズボン←子供は大丈夫)での入場はできませんし、飲酒も禁止です。万が一露出の多い恰好をしていたとしても、ビッグブッダの入口に巻き布を貸してくれる所があるのでそこで借りれば大丈夫!巻き布を借りた場合にはいくらでもいいのでBOXに入れるスタイルです。

ランヒル

プーケットタウンにある絶景スポットといえばランヒル。地元ではカオランと言い、プーケットの街とアンダマン海が一望できるところです。昼間は観光客が多いのですが、夕方近くになると地元民が集まってきて、夕焼けや夜景を見るデートスポットでもあります。小さな売店もあるし、木に取り付けられているブランコもあるので子供も一緒に楽しめると思います。


ここで有名なのは野生の猿。と言ってもかなり人間になれてしまっているので、ジュースやお菓子を持っていたらあっという間のひったくられてしまいます。
以前子供がここでパックのジュースを飲んでいたら、猿に盗られてしまって大泣き…。「もう猿嫌い…」と言っていました。笑 前にブランド物のサングラスをとられてしまったマダムもいましたよ。ご注意下さい。


ランヒルの頂上には2つのレストランがあり、両レストラン共に眺めはとても良し!どちらのお料理も美味しいですし、価格もそこまで高くないのでおすすめです。私の個人的意見としては、食事メインでタイ料理が好きならTunk-ka Cafeで、タイ料理以外のメニューもあった方が良くてお酒を飲むならKhao Rang Breezeかな?是非行ってみて下さい。

レムシンビューポイント

プーケットビューポイント

レムシンビューポイントレムシンビーチの上にある展望台で、晴れた日はとても素敵な景色が見られるところです。あまり広い場所ではなく、とても静かな穴場スポット。地元民の方々がちょっと一休みに来たり、写真を撮りに立ち寄る様な落ち着いた場所です。

プーケットビューポイント

レムシンビーチは遠浅の白いビーチなので、海を上から見るととても透き通って見えます。青い空と白い雲があればいう事なしの絶景スポット♡レムシンビーチへはすぐお隣のスリンビーチからボートで行かれますし、パトンから出航のロングテールボートもありますよ!

Wat Doi Thepnimit

ここからは少しローカルビューポイント!

ここは仏教寺でビューポイントではないのですが、素晴らしい眺望と綺麗なお寺なのでおすすめの穴場スポットです。プーケットタウンからパトンへ抜ける山道の途中、Phra Pun Thao Kong Shrineという中華寺のすぐ手前の脇道を進んでいくとここWat Doi Thepnimitはあります。

プーケットビューポイント

ここは是非とも晴れた日に行って欲しい!そして晴れた日は靴下もあると尚良し!…なぜなら、靴を脱いで本堂に入らなければならないのですが、直射日光を浴びた床はまさにホットプレートです。

ブラックロックビューポイント

Black Rock/หินดํา/ヒンダム/ブラックロック

ブラックロックビューポイントは地元民に愛される穴場ビュースポット!このポイントに行くまでも約10分は山を登らなければならないので、サクっといい眺めを見たい!という方には不向きですが、冒険好きな方にはピッタリなビューポイント。

Black Rock/หินดํา/ヒンダム/ブラックロック

小高い丘にあるので、この時期記載のプロムテップ岬や、風車も望めます。ここは山を登るので雨の日は滑るのでおすすめ出来ません。晴れていると最高に気持ちいいのですが、頂上は日陰が無く暑いので曇りの日でも良いかもしれないですね!

ウィンドミルビューポイント

プーケットビューポイント

ウィンドミルビューポイントは、名前の通り目印は風車。ヤヌイビーチの真上にあるここは、ヤヌイビーチとナイハーンビーチが良く見えます。西側なので、サンセットタイムには沢山の人が訪れるローカル夕日スポットでもありますよ。

私には絶対できませんが、皆さんここでは角のギリギリのところで写真を撮っています。また、風の状態が良いと、ここからパラグライダーが飛び立つポイントでもあります。いいな~気持ちよさそ~!!! 「パラグライダーのライセンス」と調べてしまいましたw

カオカッドビューポイント

プーケットビューポイント

カオカッドビューポイントは、パンワ岬海沿いにあります。こちらもとても静かなビュースポットなので、落ち着いて眺めを楽しみたい方にはオススメ。ここはスッキリしたお天気でないと「ふ~ん」と感じてしまうかも?気持ちのいい場所ですが、乾季の晴れた日に行くのがいいですね。

プーケットビューポイント

サイクリングを楽しんでいる方が立ち寄る方が多く、ここまでの海沿いの道のりは自転車だととても気持ちがいいでしょうね~♪ もしサイクリングするならどこ?と聞かれたら、道も綺麗で走りやすいのも含めて、パンワエリアをおすすめします。

カオカッドビュータワー

プーケットビューポイント

カオカッドビューポイントからほど近いのがここカオカッドビュータワーです。到着するまでもかなり急な坂を車で登っていきますよ。360度見渡せるビュータワーなので、ここぞビューポイント!という感じ。朝は6時から開いているので、私達は日の出を見によく行きます。…そういえば夕日を見に行った事が無かった!

お天気のいい日はピピ島まで見られるので、地図を見ながら「あの島がピピ島か~」と納得するのも面白いですね。鳥の鳴き声しかしない様な場所なので、パンワ方面に行かれる方は是非オススメですよ!お隣にはレストランもあり、素敵な景色を見ながらお食事ができます。

Khao Khad Sky Cafe & Ruantalay Seafood

パンワビューポイント

パンワビューポイントはプーケット水族館からすぐの、気持ちがいいお散歩コース。ブーゲンビリアの季節になると、色とりどり楽しませてくれるのでお気に入りの場所です。海を覗くと小魚も見られますよ!

プーケットビューポイント

広々としていて、歩道もあるし子供と一緒に行くにはとても良いところです!夕方の涼しくなる頃には移動式屋台が並ぶので、ここでタイの味を楽しむのもおすすめですよ♪

レーム クラティン

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

Leam kratingはアオセーンビーチの先、Baan Krating Phuket Resort ホテル前のビーチから入って行くビューポイントです。しっかりと整備された道ではなく、自然の中を入って行くところなので山の頂上まで行くとなると少し大変ですが綺麗な景色を望む事ができます。

Leam krating/แหลมกระทิง/レーム クラティン

大人の足で岬の先端であろう部分には約30分、山の頂上までは1時間位のトレッキングです。後半30分は山を縦に登っていく感じになるので、かかとのあるシューズがおすすめ!

レーダーヒル

空軍の基地があるレーダーヒル。軍の基地が山の山頂にあり(もちろん入れません…)その入り口あたりが眺めがいいらしい!という事で行ってみました。結構山道を登っていくと、空軍の基地で行き止まり。警備員の目がキラーンと光ります。

ここがビューポイント!という場所はないのですが、見下ろすと綺麗な景色。基地の前からはパトン側の海が見えます。また、そこから下ってくとview cafe at phuketというカフェがあり、そこからはチャロン側の海が見えます。カフェはお天気が良ければ景色が良いので是非立ち寄ってみて下さいね。

プーケットで絶景ビューポイント

パトン地区からも行けるプーケット内のビューポイントをご紹介しました!景色の写真を撮るのが滞在目的であれば、やはり晴れる事の多い乾季に来るのがおすすめですね。プーケットの絶景ビューポイント、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?!

タイトルとURLをコピーしました