最近のプーケット~新型コロナウィルス~partⅥ

プーケット コロナウィルス今日の@Phuket

新型コロナウィルスと観光地プーケット

プーケット コロナウィルス

このコロナ情報は月1で書いていて今回で6回目。最初に書いてからもう半年が経つんですね。プーケット一番の繁華街”パトンエリア”の店舗にはRENTの文字もちらほら…。今現在も緊急事態宣言が続くプーケットより現状をご紹介します。

07月18日現在(昨日) 感染者数など

プーケット コロナウィルス

タイ国内 での感染者数は+7名、合計感染者3246名、3096名回復、58名死亡。新規感染者は海外からタイへ入国した人達で、タイ国内での感染者は0名が54日続いています。

プーケット コロナウィルス

プーケットの新規感染者も54日連続で0名が続いています。今まで合計で227名が感染、224名が回復し、3名が死亡。現在治療している人はいません。

プーケット空港

プーケット コロナウィルス

国内線  6月13日にプーケット空港は国内線のみ再開し、プーケットに到着している飛行機はほぼBANGKOKの文字が並びます。国内感染者0が続いている事から、金銭的余裕のある人は今がタイ旅行にいくチャンス!!と小さなトランクを抱える人も見かけますよ!

プーケット空港

国際線  特別な飛行機でない限り、未だ離着陸はありません。

プーケットにいつ来られる?

プーケット コロナウィルス

現在、タイにはタイ国籍の方、その配偶者や、労働許可を持っている人等の一般旅行者ではない一部の人が入国可能です。各証明書類提出や14日間の隔離なども必要となり、当てはまる人でも準備が大変そう…。

プーケット発ピピ島

そんな中先日、タイ政府は外国人観光客をまずはプーケット島、クラビ、サムイ島、チャンマイ・パタヤに開放する見込みと発表しました。上記の5つの地域であれば14日間の隔離をせずに一般観光客が遊びに来られるとの情報です。

プーケット空港付近

でも今のところ日本からの旅行客が許可されるか?1日何人か?条件等もまだ決まっていない状況です。タイに入国が出来るからと言っても、日本へ帰国してから14日間の隔離が必要…なんて事になっても困りますしね。両国の条件が揃ってから…ですね。

マスク

プーケット コロナウィルス

全ての種類のお店はオープンし、行動制限もないのですがマスク着用の義務は解除されていないので、違反者には2万バーツ(約6万5千7百円)以下の罰金はそのまま継続のはずです。ごくたまにマスク未着用の人を見かける事もありますが、ほぼ着用しています。

もちろんスーパーやショッピングモールに入る際にはマスクをしていないと入る事ができないのですが、マスクの自販機が用意されていてビックリ!!プーケットにはジュースの自販機ないのに…w

プーケットの学校

プーケット コロナウィルス

我が子の学校は7月1日から月水金は登校、火木土はオンライン授業でしたが、やっと明日の20日から毎日登校が出来る様になります。まだ体育の授業などは制限はある様ですが、子供にとっては毎日登校出来るのはとても嬉しいですよね!

プーケット コロナウィルス

学校の食事エリアは、1人づつの仕切りがあり、食事の時間も学年によってずらす事で密を防いでいる様です。また、送り迎えの時間も学年によって違うのですが、幼稚園から高校生まで居るので完全に密を避けるのはなかなか難しいのかなと思っているところです。

バングラ通り再びオープン!

プーケット コロナウィルス

プーケットで一番の繁華街、パトンの”バングラ通り”は、クラスターが発生した事から封鎖され、立ち入り禁止が続いていましたが7月1日から再開しました!まだ数件のお店しか再開してはいない様ですが、とりあえず一歩前進です。

プーケット コロナウィルス

しかし昼間も人はほとんど歩いていないし、いつもお客さんが絶対いるマクドナルドも閉まっている…。夜はまた違って少しは賑わうのかもしれませんけどね! まだ以前の様にとはいきません。

街の様子 ビーチエリア

プーケット コロナウィルス

パトンも人は少な目ですが、カタのビーチエリアも本当に静かで閉店ガラガラ~の店舗がズラっと並んでいる状態。普段住宅街のエリアに居ると活気が戻った感覚になっていましたが、異常な事態だと言う事を思い知らされます…。

プーケット コロナウィルス

通常ならこの時期波が高いので海に入る人は少ないですが、それでもビーチは観光客で賑わいます。今は在住者がぼ~っと海を眺めていたり、サーフィンをする人が居たりする程度。波の音がよ~く聞こえます。

街の様子 お買い物

プーケット コロナウィルス

住宅エリアのスーパーやショッピングモールは、結構人は見かけるので通常に戻った様な気がしてしまいます。そしてこんなに在住の外国人が一杯居るんだ~と実感。比較的お金がある外国人在住者が、今のプーケット経済には大事ですね。

プーケット コロナウィルス

お洋服屋さんやお土産屋さん、そしてレストランなどももそのままやっていては地元民には売れない…っと、今様々な物がとってもお買い得なんです!! 節約と物欲、天使と悪魔の戦いです。

街の様子 観光業

プーケット コロナウィルス

観光客が居なくなってから、渋滞がかなり減りました。プーケットは電車がないので、街には観光バスやタクシーだらけだったのですが、今ではバスもタクシーもバッテリーが上がっているかも…。

プーケット コロナウィルス

地元民が唯一使うとしたらバイクタクシー。それ以外のタクシー業はかなり厳しい状況がまだまだ続くでしょうね。近所にここ数ヶ月ずっとメータータクシーの中で生活しているおじちゃんがいて心が痛い…。

ドライバー業といったら、去年あたりから良く見るようになったデリバリー業者。プーケットではフードパンダかグラブが主流でUber Eatsは無いんです。日本はコロナでデリバリが増えたと聞きますが、こちらは前と変わらない量のバイクが走っているのかな?という感じです。

新型コロナウィルス プーケットでの状況

プーケット コロナウィルス

毎日ポジティブに!と簡単にはいかないけど、健康なだけでもラッキーだしこんな時は前向きに楽しく過ごしたモン勝ち!! 今まで通り過ぎていた所も、寄り道してみると新たな発見があるものですね。(超ローカルサウナ見つけた!嬉) なるべく笑顔でこの状況を乗り切りっていける様に工夫しながら…頑張りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました